国際空手道剛柔流泉武会総本部の系譜

初代宗家泉川寛喜は、幼少の頃より祖父より空手の指導を受け、その後高校時代に東恩納寛量の高弟許田重発より剛柔流の基礎を学ぶ。卒業後、東恩納寛量の高弟比嘉世幸の門に入り剛柔流を本格的に修行する。昭和12年(1937年)に武備誌を写本し、剛柔流を認許され昭和14年(1939年)に神奈川県川崎市に空手道剛柔流泉武会総本部を設立し、本格的に空手の普及にあたる。現在、次男勝也が三代目として古伝剛柔流の教えと伝統を守り伝えています。三代目は、初代宗家の高弟吉丸慶雪氏に佐川派の大東流を学び、奥伝である小手・体の合気を伝授される。また、叔父の泉川寛得より琉球古武道の型と技法を学んでいる。